2005/02/27

【来広】2/26 「SHUFFLE?Frank Muller Japan Tour 2005」@COMMUNE【大決定】



2/26「SHUFFLE?Frank Muller Japan Tour 2005」@COMMUNE(Hiroshima)
22:00 OPEN/START ADV:¥2000 W/1D DOOR:¥2500 W/1D
SPECIAL GUEST DJ & LIVE ACT :Frank Muller(BEROSHIMA from GERMAN)
DJ:okamOTO、RINN、NAOKi


今年最初の大物ゲストはドイツから!!
っつーことで、Frank Muller a.k.a BEROSHIMA が1年振りの来広!!
しかも今回はDJ & LIVEアクト!!今から2/26は空けとくことをオススメしますぞ。

お待たせしました。チケット絶賛発売中です。KINGKONG、RITUALで購入できます。
早期ゲットをオススメしますぞ!

FRANK MULLER a.k.a BEROSHIMA
2005年で12年目を迎えるプロジェクトBEROSHIMA。
昨年は4年振りのアルバム”the catastrophe ballet”を日本先行発売し、ツアーをスタートさせる。
マレーシアを皮切りに日本各地、ソウル、ブラジル、ブエノスアイレス、ヨーロッパのロングツアーを敢行する。
今年2005年はMuller recordsのレーベルワークに加え、10年前に立ち上げたレーベルacid-orangeの再興に向けてエンジンがかかっている。
Thomas Schumacher率いるTSX Recordingsからリリースされた作品はFrank Mullerがなんと10年前にリリースした”The oppression”(自身の初レーベルacid-orange より)。当時の作品がremixと共に今ここに再現される。
プロデューサー、DJ、レーベルオーナーとしてこれまでに “Tanjobi records“,”acid-orange”,”muller-records”,”life time ”Beroshima music”と音楽活動を成功させてきている。ミュージシャンとして、妥協をしない、常に追求をし続ける彼の姿勢は今も昔も変わらず、携わってきた作品の数は100を超える。自身の代表作として、”P.O.P -the pornography of performance-”,”electronic discussion”,“Best of Beroshima”,”fuck your body”,”dance the machine”等があげられる。長いプロセスを経て打ち出される作品にはFrank Mullerの音楽へ傾ける姿勢とプロとしての精神がうかがえるだろう。
☆2004年日本でプレイしたパーティー
WIRE04,PLUS TOKYO
www.beroshima.com