2005/07/25

3ゴールをちゃんとみてきた





まぁ快勝と言っていいんでしょうね。寿人にはハットトリックして欲しかったけども。
でも、結構帰りながら「んーーーー。」ってなったのはきっと俺だけだったのかねぇ。

攻めでは凹凸の激しいピッチを考え、細かくつなぐサッカーを封印。大胆な展開を徹底した。前線へのスペースめがけ、すぐさまロングボールを送る。前へ、前への意識だ

これが奏功したんだけど、俺はこれが気に入らなかった。
この日はホントに徹底して、DFラインや中盤から前線のスペースを狙い続けていた。
個人的な好き嫌いで申し訳ないけど、勝ってもこういうサッカーが好みでないし、
緑は繋いできてしっかりポゼッションできたのに、
「自分たちのサッカー」をあっさり封印してしまったのが無念だった。
俺の理解では、その「自分たちのサッカー」ってのはカズを中心とした人もボールも動くパスサッカーと、
前線からの連動したプレッシングだと思っていた。
たとえピッチが悪かろうが、 移動がキツかろうが、そこにはこだわって欲しいわけですよ。
せめて、勝負が決した後半からは普段のサッカーがみたかった。贅沢なのかなぁ。
まぁ幸いフィオ戦の後は中断で北海道キャンプとのこと。
今一度、広島のサッカーを更に高めて欲しいと思います。
まぁビッグアーチの管理能力の方が問題ではありますが。。。