2006/01/20

どわぁぁぁぁ。

多彩な機能で新たなリミックス/DJプレイの世界を創る96kHz/24bitフルデジタルDJミキサー2機種を新発売



!!!!!!
出るぞぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!

1) 96kHz/24bitサンプリングのデジタルシステムによる高音質化を実現

 DJ用プレーヤーから入力されるアナログ信号は、最短の伝送回路を通り、96kHz/24bitサンプリングの高音質A/Dコンバーターによってデジタル化され、最良の状態でデジタルミキシングされます。ミキシングは32bitDSPによって音質を劣化させることなく実行され、同時に理想的なフィルターによりDJプレイに最適な音を生成します。
 また「DJM-800」では、その特性を最大限に引き出すため、音質に悪影響を及ぼす不要振動を抑える高剛性筐体や二重シールド構造、強力な電源部など、様々な高音質技術を投入し、クリアでパワフルなクラブサウンドを実現しました。


こっからSSMSに入れてDSDで録れば最強でしょ!!!
ASIO2.1対応I/Oマダー???
これはハコにも常備されて欲しいなぁ。

エフェクトの種類:DELAY、ECHO、FILTER、FLANGER、PHASER、ROBOT、ROLL(以上2モデル共通)、REVERSE DELAY、PAN、TRANS、REVERB、CHORUS、REVERSE ROLL(以上DJM-800のみ)と多彩なエフェクトをかけられます。


もしかして、「ROBOT」ってマイク付けて歌えってことですか?(笑)

曲のキー(音程)を自動で検出し、DJプレイに最適なキーに自動でチューニングできる「ハーモニック」エフェクトを搭載。現在の曲のテンポを合わせただけのDJミックスに比べ、キーも合わせて曲のミックスができるので、よりスムーズなDJミックスが実現できます。


ピッチじゃなくキーできたか。確かに結構重要だな。
でも、これに頼りすぎるのは。。。(笑)

当社DJ用CDプレーヤー「CDJ-1000MK2」をはじめとするDJ機器を、「デジタル入力端子」(44.1/48/96kHzの各サンプリングレートに対応)に接続すれば、音質劣化のないデジタル機器でのシステム構築が可能です。
 また、96kHz/24bitサンプリングによる「デジタル出力端子」の搭載により、高音質が要求されるスタジオ録音などにも使用できます。


DSDディスク対応のCDJ希望。

うぅぅぅぅぅぅ。こりゃかなり欲しい。貯金しなくちゃ!!!