2010/07/14

PA-02 TRS、MJ-12、STB-HWファーストインプレッション

ようやく3点揃って届きました。
モニター用ケーブルとアルミタンテシート、スタビライザー。
全部オヤイデ製品ですっかり信者ですw
とりあえず使って即の印象を。

コイツは予定にはなかったんですが、
Hifaceを購入してからというもの、PCの音は全部
HifaceからDJM-800を経由して出してまして、
モニターはDJM-800のBOOTH OUTから出してるんですが、
これが安物の赤白にTRS変換プラグで接続してまして、
サーってノイズが酷くて耐えきれずに購入しました。
本当はXLRでバランスのが良いんでしょうが、
DJM-800はBOOTH OUTのみ独立してボリュームを
制御できて使い勝手の面で便利なんで。

で、まずノイズですが、スピーカーに顔を近づければ
やっぱり聞こえるものの、以前からすると激減と言っていいレベル。
やっぱケーブルの問題だったようで。
で、肝心の音ですが、エージングなしでも全然違って
S/Nがよくなったせいか、広がりと個々の音がクリアに出る感じです。
定位が良いと言うんでしょうか。そんな感じになりました。

基本セットなのでまとめて。
幸い2台タンテがあるので交互に聞き比べできましたが、
こっちを使うと、輪郭がハッキリして、ちょっと硬めの音になる感じ。
個々の音が太くなって密度が増すって印象です。
若干ローがその傾向が顕著なようで、これは好みかなぁとも思いますが、
僕的にはこっち使った方がいいなと。
見た目はこんな感じ。



カッコいいんですけど、シートがアルミで
レコード直置き推奨なのでDJでは使えそうにないですが、
デジタル化の時は必ず使うでしょうね。
(せっかく買ったしねw)

ってことで物欲リスト更新してこうなりました。


モニター環境がよくなってノイズも分かるようになってくると
レコード洗浄したくなるんですが、そこはデジタル化直前かなとか思いつつ、
ぼちぼちXLRケーブル欲しいですねぇ。
東京遠征時に買出しできたらなぁと考えてます。