2004/06/03

あんまりヒマなので

会社用のブログを弄り倒し。
つーことで、余力でメモ書き。


あらららら。そりゃXboxには大打撃っすな。。。
鉄騎大戦やりてーけど、カネもヒマも相手もなしっすわ。
って書いてる間に1つ仕事が舞い込んで片付けた。
半日つついてらしいが解決せず泣き付かれたんだけど、20分で終了・・・。
本当にこの会社大丈夫か・・・_| ̄|○
コイツのおかげでブログ弄り再会する気がおきなくなっちまったので、
またしてもガチャガチャしちゃってるんですが、
あれっすね。やっぱ佐世保の小学生のが多いっすね。
インターネットの影の部分とかまずはアナログからとか、
色んなご意見が読めて参考になるんですが、
結構、ネットにヴァーチャルなワールドが存在しててそこは危険だみたいな
お話が多くて、イメージ的にはわかるんだけどちっと違和感あるんよねぇ。
RPGみたいな仮想な世界が広がってるっていうよりもリアルな人と世界それぞれがケーブル(まぁ無線もあるけどさ)
で繋がってるだけだと思うんだけどねぇ。まぁ匿名で色んなキャラになれるのはRPGっぽいですかな。
個人的話で恐縮ですが、僕がネットワークってもんに初めて触れたのは今覚えば小学校高学年だったかと思います。
PC-6001だったかハチハチだったかを2台並べて、ケーブル繋いで隣同士でチャットしてたのを見たのが最初だろうと記憶してます。
なもんで、感覚的にネット向こうには生身の人間がいるってのは比較的早くから実感できたんじゃねーかなと思う次第。
まぁ今回のケースはむしろコミュニケーションスキルの問題で、これが交換日記でも起こり得たかもしれないとも思いつつ、
テクノロジの発達に親も先生もついていけないよって話なのかなぁと思っちゃいました。
どーも俺っぽくない話題だな(笑)