2004/04/05

何がすごいって

映画「AKIRA」で近未来の東京を縦横無尽に駆け抜ける主人公・金田の真っ赤なバイク。あのSFチックな“金田バイク”が、完全な実動車としてビッグサイトで開催中の「東京モーターサイクルショー」に登場した。


これを実現したのが個人ユーザー1人のプロジェクトってことだな。
この“金田バイク”のプロジェクトを立案したのは、NEO-FUKUOKA氏(仮名)という個人のユーザー。「AKIRAに出てくる金田のバイクにいつか乗ってみたい」という思いから、NEO氏は構想から7年以上をかけて全国のバイクショップやカスタムビルダーを訪ね歩き、ようやく開発にこぎつけたという、1ユーザーの情熱から生まれた夢のモーターサイクルなのだ。

でも乗ってみたい(笑)