2004/05/13

たまには真面目に

「輸入CDが買えなくなるかもしれない」――音楽業界関係者たちの間でそんな危惧が持ち上がっている。現在、国会で審議されている著作権法の改正が、その理由だ。邦楽CDの還流阻止を目的として行われる法改正が、いつの間にか、あらゆる輸入CDを対象とするよう、すり替わっていたというのだ。


輸入CDが自由に買えなくなるかもしれない。この問題を浮上させたのは、現在国会で審議中の著作権法改正だ。なぜこの法案は起案されたのか。その影響は予見した上でのことなのか。文化庁の担当者に話を聞いた。



あちこちのサイトで「レコードが買えなくなる。」みたいな話を見聞きはしてたのですが、正直静観してます。

確かに輸入レコードが買えなくなると商売アガったりなんですが、
まだホントどう転ぶかわかんねーしなぁって感覚です。
このインタビュー記事には個人輸入のことにも質問されてますが、正直言って「ケースバイケース」みたい。
一方で「輸入音楽CDはこれまで通り。問題はない」という確証を得るには至らなかった――これが文化庁の話を聞いた後の筆者の本音だ。
とあるように、レコ屋さんで国内通販することが不可能になる可能性はあるっちゃあるんでしょう。
次回は実際のレコード輸入業者と日本レコード協会に、それぞれの立場から今回の法改正への見解を聞いてみよう。
つーことなので、次回もじっくり読みたいとは思いますが、最悪レコードが買えなくなったらと(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルってな具合ではないっすな。
そうなったらそうなったで手は考えないといけなくなっちゃうのかなって程度の考えしか持ってないのは浅慮なんでしょうか?
ともかく、成り行きをもうちょい生暖かく見守りたいと思います。