2004/05/10

勝つことが大事



とは言え、面白かったのは前半10分まで。たたみかけなきゃぁ。

スコア的には2-0だけども、相手が早々に3バックに変更してきてからおかしくなった。原因は書いてあるとおり。
1点取っちゃうとホッとしちゃうんだろうかねぇ。前半終了までそれは続いてイライラしっぱなしだったよ。
後半サンパイオが入って改善されたものの、2点目はチアゴの完全な個人技で取った点で、消化不良気味。
神戸が特別良かったわけじゃなく、連戦の疲れなんだろうか、緩慢な試合だったって印象。それでも勝っただけマシですが。
さて、前節でも長ったらしくチアゴのポストプレイは改善されず。神戸はほぼ1人でマークだったので7割くらい勝ってましたが、もう半分くらいはキープして前向いてもいいかも。
ブラジル人らしからぬ玉離れの良さなのが(失礼)今はちと裏目に出てるかなぁと思います。
さらにクサビもやっぱり少なめ。これも不満。ゴールのシーンもPA左45度でパスを受けてDF2人をブチ抜いて決めたもの。(OGですが。)
こういうプレイをもっと増やしてもいいと思う。
それと2度ほどシュート打ってもいい場面でパスを選択したと記憶してます。
ゴールの場面もシュートだかパスだか判断が難しい。
FWなら、いやチアゴならシュートで終わって欲しい。散々ポスト叩いて嫌な感じしてるんだろうかわからんけど、(そういやシュート練習ん時も当てまくり。駒野のクロス練習に合わせたボールまで当ててた・・・)
強引なくらいシュートでいいと思う。FWですから。10番ですから。
あと、良かったのはリハンジェかな。持ち前の運動量にパスの正確さが増してきた印象。
(1回ミスがあったかな)派手さはないけどインサイドでピシっとパスが蹴れる選手なんで、調子の如何ではサンパイオよりハンジェ使いたいかも
(そういえばサンパイオの契約は6月末までだったような)
次節はそれも踏まえて
--------------チアゴ----------------
---------コウジ-----大木-------------
-服部-----------------------駒野-
-----------カズ--ハンジェ-----------
-----吉田----リカルド---吉弘--------
--------------下田----------------
SUB:林、小村、サンパイオ、松浦、田村
が良いかと思います。